銀行カードローンに借り換えるメリット

総量規制が関係してくる銀行カードローンへの借り換え

いくつかの金融機関からお金を借りている人で銀行カードローンに借り換える人は大勢いますが、それには理由があります。銀行やゆうちょ銀行を除く金融機関では総量規制と呼ばれる規則が適用されています。

 

この規則により年収の3分の1を超える額のお金を一度に金融機関から借りることができなくなりました。

利率の高い金融業者を利用せざるを得ない理由

また大手金融機関は一人の人が一つの金融機関からお金を借り、それを全額返済していない場合はその人に対して融資はしないという方針を取っているために大金が必要であり、尚且つ年収の少ない人は利率の高い金融業者を利用せざるを得ない場合があります。

 

しかし金融機関から借りたお金の額が少なければ少ないほど利率は高くなる傾向にあるためにこのような仕方でお金を借りている人は多額の利子を支払わなければなりません。

銀行カードローンに借り換えるメリットは総量規制にある

そこで希望を差し伸べてくれたのが銀行カードローンです。先にも述べたように銀行は総量規制の対象外です。そのため審査さえパスできれば銀行カードローンによって多額のお金を借りることができます。

 

銀行カードローンによってお金を借りてそれをこれまでお金を借りていたいくつかの金融機関への返済に当てることで高い利息を支払わなくて済みます。

一本化すると金利も下がる

先にも述べたように借りたお金の額が高ければ利率は低くなるために借金をしていたいくつかの金融機関に全額返済した後は返済先を銀行一本とすることができ、尚且つ比較的安い利子の支払いで済ませることができるのです。

 

これはいくつかの金融機関からの借金を銀行カードローンに借り換えることの最大のメリットといえます。実際に銀行カードローンに借り換えた後は毎月の返済が非常に楽になったという人が大勢います。

 

それでいくつかの金融機関から低額のお金を借りているという人は銀行カードローンに借り換えることを検討してみることができるでしょう。またこれから高額のお金を金融機関から借りることを考えておられる人は始めから銀行カードローンの使用を考慮してみることができます。