早期返済すれば利息を圧縮できる

利息はどれだけの期間をかけて返済するかが肝

キャッシングの利息は利率によって決まります。つまり利率が低ければ利息を支払う額が少なくて済むのです。しかし利息の額はどれだけの期間をかけてキャッシングしたお金を全額返済するかによっても左右されます。

 

たとえばキャッシングの利率が15%の金融機関で1万円のお金を借りたとします。そして30日かけて全額返済した場合、利息の計算は借りた金額に利率をかけてそれを365日で割り、さらに全額返済までにかかった日数をかけたものとなりますので

10,000円×0.15(15%)÷365(日)×30(日)=123円

という算式になります。しかしもっと早く全額返済できた場合はこの算式の最後の30(日)がさらに低い数字になるために利息の額は123円よりも少なくなります

日割計算だから早めに全額返済することを意識しておく

このようにキャッシングは日割計算であることから借りたお金を早めに全額返済することによって支払うべき利息を少なくできるというメリットがあるのです。またこの日割計算によって利息が決定する流れによるとキャッシングしたお金を借りたその日に全額返済してしまえば利息は発生しないことになります。

 

そのため急遽大金が必要になったものの数時間後にそれを全額返済することのできるような状況にある場合は無利息でキャッシングを行うことができるのです。こうしたこともキャッシングの日割計算の大きなメリットであるといえます。

 

とにかく早めの全額返済が利息を軽減させる手段となりますのでキャッシングを考えておられる人は利率の低い金融機関を探すことに加えて早めの全額返済を計画するべきです。