審査に落ちる原因

年収が少ないとやはり審査には不利

カードローンの審査に落ちる原因として考えられるのは年収が少ないという事です。カードローン業者では独自に利用者の年収の基準を設定しているので、一般的な平均年収より少ない年収で申告した場合には審査落ちとなってしまう事もあります。

勤務先との雇用期間が短い場合も不利

また、勤務先との雇用期間が短い場合もカードローンの審査落ちの対象になる可能性もあります。雇用期間が短いと契約状態がまだ不安定な状態と見なされてしまいますので、勤務開始からしばらく経過してからカードローンを申し込むほうが良いと考えられます。

当然滞納や不払いの情報がある場合も不利

カードローンの審査に落ちる原因として、最も多い原因は過去に利用してきたカードローンやキャッシングに関しての滞納や不払いの情報です。カードローンを利用する業者が異なれば、バレないとお考えの方も多いかと思いますが、ローンの事故情報は信用調査機関に登録されて共有されます。

 

カードローンの申し込みを行った場合、業者は利用者の個人情報を信用調査機関に対して必ず照会を行います。そこで一定以上の事故情報が掲載されていれば、返済を正当に行なえない人間だと判断されて審査を通す事ができなくなります。

 

では、一度でも延滞や不払いをしてしまったら2度とカードローンの契約をできないかと言われれば、そうではありません。信用調査機関に登録された事故情報は約5年から10年で消去されます。

事故情報は約5年から10年で消去される

過去にカード事故を起こしてしまった方はその期間の経過を待って、カードローンの申し込みを行えば審査が通る可能性があります。カードローンについては、申し込みを数社に日を置かずに一斉に行ったりすれば、そういった情報も登録されて審査が通らなくなります。

 

カードローンは審査落ちしないように慎重に業者を見極めて申請を行うようにするのがポイントです。

 

低金利フリーローン・カードローンの絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関