カードローンに申し込むことができる年齢

カードローンに申し込むための条件のひとつに年齢というものがあります。融資を受けるための前提条件としては、毎月安定した収入を得ていることがありますが、それ以前に申し込むことができる人の条件を定めた年齢制限が設定されています。

 

 

基本的にカードローンは20歳未満の未成年者は融資を受けることができません


ので、こうした人から融資の申込があった場合には審査をするまでもなく融資は不可能という判断となります。

未成年者が利用できない理由

カードローン業者のホームページでも融資を受けることができるかどうかの診断フォームが用意されていることがありますが、ここには必ず年齢を入力する欄があり、カードローン業者が定める年齢条件を満たしていない場合は融資不可という結果となります。

 

 

未成年は何故利用できないのかなぁ・・・


では何故カードローンでは年齢制限があるのかといえば、ひとつは法律上の理由からです。例えば未成年者であってもアルバイトなどで毎月一定の収入を得ているという人は少なくありませんので、返済能力という意味では特に問題はないと考えられます。しかし、

 

 

未成年者の契約行為に対しては保護者が無効にすることができます


ので、仮にカードローンの契約をしたとしても無効にされてしまう可能性があります。これではカードローン業者にとっても手間とコストがかかるだけですので、それなら最初から融資対象から外しておこうというわけです。もうひとつは返済能力による理由です。

高齢者に対する融資の現状

カードローンに申し込むことができる上限の年齢はカードローン業者によって異なりますが、65歳〜70歳までというケースがほとんどです。こうした年齢層になってくると今度は毎月の収入が一定の金額ではないといった人が増えてきます。

 

 

中には年金以外は収入がない


といった人もいるかもしれませんので、こうした人に融資を行ったとしても返済することが難しくなる可能性の方が大きくなります。こうした様々な理由から、カードローン業者は融資を申し込むことができる年齢制限を設けているのです。

 

低金利フリーローン・カードローンの絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関