審査で有効な収入証明書について

カードローンの審査では既存の借入と共に年収についても判断が行われます。但し、年収の金額というものは個人信用情報機関には登録される情報ではないため、正確な年収の金額を把握するためには収入証明書を確認する必要があります。

 

例えば、消費者金融では50万円以上の融資を受ける際には収入証明書の提出が必要となりますが、このようにある一定以上の金額で融資を受ける場合には収入証明書を確認して年収を調べることになります。

収入証明が必要となるケースとは?

 

50万円以下の融資でも収入証明の提出を求められたんだけど・・・


この他、消費者金融では50万円以下の融資を受ける場合でも収入証明書の提出を求められることがあります。これは消費者金融が総量規制の影響を受けるためであり、

 

 

年収の3分の1を超えてお金の貸付ができない


という理由があるからです。そのため、既に複数の業者から融資を受けている場合にさらに借入を受けようとしている場合には、融資可能な上限金額に達している可能性もあることから収入証明書を確認しなければならないケースもあります。

審査で有効となる収入証明とは?

既存の借入の金額や利用状況については個人信用情報機関に登録されている情報を確認することができますので、年収の金額と照合して問題ないかどうかを審査で判断します。この場合、収入証明書として有効なものは社名の入った

  • 源泉徴収票
  • 給与明細

などがあります。カードローン業者にとっては年収が重要なので、その金額を確認することができる源泉徴収票は収入証明書の中でも最適なものといえますが、基本的には年に1回しか発行されず、しかも用紙サイズも小さなものなので紛失している可能性も高いです。

 

 

給与明細のほうが準備し易いけどなぁ・・・


給与明細については1通だけでなくできれば直近3か月以上は用意した方が良いでしょう。年収というものは一年を通しての収入なので、月単位でしか収入が確認できない給与明細は年収の推定はできるものの、

 

 

収入証明書としては不十分とするケースもあります。


実際に収入証明書が必要となった場合には、どの書類が有効なのか改めて確認しておくと良いでしょう。