カードローンはなぜ担保や保証人が不要なの?

無担保で契約が出来るように審査がある

カードローンは担保や方承認を建てること無く利用することができますが、これは信用されているためです。信用されていないのであれば当然担保を建てたり、保証人を要求されることもあるのですが、カードローンは信用していることを確認してから貸しているので、無担保で契約が出来るようになります。

 

この信用を調べているのが審査ということになりますので、審査をすることは自分が信用されていることを証明することと考えてください。あらゆる情報を調べて信用できるかどうかを判断して、最終的にお金を貸してもいいのかを決定していますが、これが信用貸しという部分に繋がっています。

審査に通れば業者に信頼されたという事

信用しているからこそ、この人にカードローンを利用させても大丈夫だと判断して、お金を貸せるような状態を作っているのです。そのためには様々な部分から情報を得るようにしたり、電話での確認作業を行って正しい情報かどうかを知ろうとしているのです。

 

この確認が出来ないようでは、自分が信用されている対象に入らないので、お金を借りることはできないのです。カードローンが担保や保証人を立てなくても大丈夫な理由は、会社が独自の条件に基づいて審査を行い、信用して貸せるかどうかを判断しているためです。

 

この審査という部分は非常に重要で、どれくらいまでなら貸しても大丈夫なのか、この人が信用できる情報が数多く存在するかをチェックされています。信用が無ければ審査に落とされ、あれば沢山のお金が借りられるようになります。

 

低金利フリーローン・カードローンの絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関