銀行カードローンでは本当に年収の金額が考慮されないのか?

銀行カードローンは、消費者金融と異なり総量規制の適用を受けることがありません。その為、銀行カードローンでお金を借りる場合であれば法律上は年収の3分の1を超えて融資を受けることも可能です。

 

 

銀行カードローン利用に年収は関係ないのかなぁ・・・


では、銀行カードローンでお金を借りるということであれば年収が全く考慮されないのかといえば決してそういうわけではありません。銀行カードローンの中には融資を受けるにあたって、

 

 

一定金額以上の年収を得ていることが条件となっている場合もあります


ので、こうしたところからお金を借りる場合には年収の金額というものが当然ながら大きく関わってくることになります。最も殆どの銀行カードローンでは年収の金額による制限がない場合が多い為、誰でも手軽に利用できる環境が整備されつつあるといえるでしょう。

銀行カードローンの融資実行金額について

但し、それでも年収の金額が銀行カードローンでは全く考慮されないというわけではなく、銀行カードローンだからといってどんな場合でも年収の3分の1以上借りれるというわけでもありません。銀行カードローンにとって消費者金融は一種の競合先ともいえるのですが、

 

 

実際には幾らくらいの金額迄なら可能なんだぁ・・・


それだけに審査基準についても消費者金融を一部参考にしているケースも考えられます。つまり、銀行カードローンで

 

 

融資可能な金額として年収の3分の1がひとつの目安としているケースもあります


ので、このことからも銀行カードローンだからといって高額の融資ができるというわけではないことがわかります。特に初めて銀行カードローンでお金を借りるという場合であれば、いきなり高額の融資を受けることはできず、その場合には

 

 

年収の金額に応じた融資が行われると考えておくべきです。


それでも銀行カードローンの利用開始後に返済実績を積み上げる事で信用度を高めれば、その後融資金額の増額を受ける事もできます。その場合には総量規制の枠を超えて融資を受けれる可能性があるので銀行カードローンを利用する際はその点も考慮したいところです。