カードローンの審査で確認される職業

カードローンを申し込むための条件として、殆どの業者が設定しているのが安定した収入を得ている人という項目です。つまり、カードローンの審査で最も重要とされているのがどれだけ安定した収入を得ているか、ということなのです。

 

 

職業もカードローンの審査に影響するのかなぁ・・・


そして収入の安定性は、その人の職業によって異なり、カードローンの審査においても職業についての確認が行われることになります。カードローンの審査で評価が高くなるのは、収入の安定性が高い場合であり、専門の国家資格である

  • 医師
  • 弁護士

の場合はかなり評価が高い職業といえます。実際にこうした職業の人たちがカードローンを利用するかどうかは別として、医師や弁護士は資格があればどこでも仕事ができるということから審査でも有利になります。同様に

  • 公務員
  • 会社員

収入の安定性としては申し分のない職業です。特に公務員の場合は勤務先が倒産や廃業をするといったリスクがありませんので、会社員に比べると審査での評価は高くなります。

安定した職業と審査の関係

但し、収入の金額においては会社員の方が優れているケースもありますので、融資可能な金額については会社員に譲る可能性もあります。会社員の場合は勤務先が倒産や廃業する可能性があるものの、公務員と並んで審査では特に問題はないでしょう。

 

 

自営業は審査ではどうなのかなぁ・・・


次に自営業などの個人事業主の場合ですが、このあたりの職業についてはカードローンの審査では評価が分かれます。収入の安定性という意味だけで考えると、パートで働く主婦やアルバイトで収入を得ている学生よりも低いのがこうした職業の特徴です。

 

 

自営業という職業としての評価は低いですが申込者の経営状況が審査に影響します。


収入の金額ではパートやアルバイトで働く人に比べると高い為、カードローンの業者によっては審査の評価も微妙に違います。

  • 収入が不安定な派遣社員や契約社員
  • 短期雇用のアルバイト

の場合は、カードローンの審査でもかなり不利となります。そのため、こうした職業の人がカードローンを利用するためには収入の安定性を証明するといった工夫が必要となってくるかもしれません。

 

低金利フリーローン・カードローンの絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関