カードローンの申込だけしておくことのデメリット

カードローンに申し込んだという情報は、個人信用情報機関に履歴として登録されます。ここで注意したいのが、申し込みだけしておいて全く借入を利用しなくても信用情報が登録されるという点です。

 

そのため、各種ローン商品を利用するうえで、こうした履歴が影響する可能性があります。個人信用情報機関に登録されるのは、カードローンに申し込んだという実績の他、その

  • カードローンの審査の結果
  • 返済状況などの利用

についての情報です。殆どの場合、カードローンに申し込む時というのは、何らかの理由でお金が必要な時でもありますので、申し込みだけしておいてその後借入を受けないということはないでしょう。

申込しておくだけのデメリットとなる理由

ただ、現段階でまだお金を借りる必要がないだけで将来的に必要になることを想定してカードローンに申し込みだけしておく、といったケースもあるかもしれません。この場合、まだ借入を受けているわけではありませんので借入残高では0円のままです。

 

 

どんなケースでデメリットになるんだろう・・・


一見するとこの情報は全く問題がないように思われがちですが、実はカードローンの申し込みをしているということは、いつでもお金を借りることができるという状態でもあります。ここで問題となってくるのが極度額の存在です。

他のローンの審査を受ける場合の影響

カードローンでは契約上その人が借りることができる最大の金額というものが設定されており、例えば、消費者金融の場合は総量規制の関係から年収の3分の1が融資可能な極度額となっています。仮に100万円の極度額が設定されている場合、

 

 

実際にそこまでの金額を借り入れしていない状態であっても他のローン商品の審査では借りようと思えばいつでも借りられる状態にあると判断されてしまいます。


その結果、例えば住宅ローンなどの審査では融資を受ける事ができる金額が少なくなってしまうといった可能性がでてきます。カードローンに申込んだ情報というものが信用情報として残るという事なので、その後のローンの利用については少なからず影響が出ます。

 

低金利フリーローン・カードローンの絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関