審査に通らない要因となる申込みブラックについて

審査に通らない要因には様々なものがありますが、その理由のひとつに申込みブラックというものがあります。短期間に複数の業者に対してカードローンの申込を行った場合、それぞれの審査に通る可能性はかなり低くなります。

 

 

短期間で複数カードローンの申込をした場合はどうなるんだろう・・・


こうした、短期間に多くの業者に対して融資を申し込んだことが原因で審査に通らない状態のことが申込ブラックです。

申込ブラックの申込者に対する審査

あまりに短い期間でカードローンの申込を繰り返した場合、その人はお金に困って金策に走っている状態とみなされてしまい、そのような人に対しては銀行カードローンはもちろんのこと、消費者金融でも融資を受けることはほぼ不可能となります。

 

 

先月の2件目の申込から今回で5件目の申込になるけど・・・


尚、申込ブラックと判断される件数や期間については実際に審査を受けるカードローン業者によって異なりますが、

 

 

概ね3か月以内に3件以上の申込をしている場合には返済能力に対してのリスクが高いと判断されることが多いようです。


銀行や消費者金融業者が申込ブラックと判断するための根拠となっているのが、個人信用情報機関に登録された情報です。

個人信用情報機関の申込ブラックの情報とは?

カードローンの申込はもちろんのこと、クレジットカードなどの契約に際してもこうした個人信用情報機関に情報が登録される仕組みになっており、ここの情報には融資を申し込んだという情報も記録されています。ここで

 

 

申込が短期間に複数あった場合に申込ブラックとして判断されてしまうのです。


申込ブラックと判断されてしまい、審査に通らなかったという履歴情報が残り続けると次の審査にもまた影響することになりますので、どんどん悪循環になってしまいます。その為、できれば複数の業者に申し込む際にはどんなに多くても2件まで、

 

 

既に複数申込んでいる状態では手の打ちようがないのかも・・・


あるいは時間を空けてから申し込むといった方法がおすすめです。審査に通らなかったという個人信用情報機関に登録される情報は6か月で更新されますので、カードローンの申込を行う際には6ヶ月が経過してから再度申し込むといった方法も良いかもしれません。

 

低金利フリーローン・カードローンの絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関