複数の業者に同時に申し込む

カードローンの申し込みにおいて、これだけは避けるべきだといわれることのひとつに複数の業者に短時間で申し込むということがあります。例えば、ひとつの業者に申し込んだ結果審査に通らず、そのまますぐに別の業者にカードローンを申し込むというものです。

 

 

何故複数に申込むのはいけないのかなぁ・・・


この場合は既に審査落ちという結果が信用情報機関に登録された状態でカードローンの申し込みをしているためであり、この状態では確かに審査に通ることは難しいかもしれません。

審査に影響しない複数申し込みのタイミングとは?

とはいえ、審査に通る可能性を高めるには複数のところに申し込んでおくというのは手段のひとつとして考えてみたいところではあります。そこで、どうしても複数の業者に申し込みたいということであれば同じタイミングで申し込むといった方法が良いかもしれません。

 

カードローンに申し込むと、申し込んだというその情報も信用情報機関には登録されますが、審査がスタートしなければ当然ながら審査結果について登録されることはありません。つまり、

 

 

審査結果が出るまでに複数の業者に申し込んでおく


ことで、少しでも審査に通る可能性を高めることができるというのがこの方法のテーマです。同じタイミングで申し込んだとしても、審査結果が出るまでの時間は全く同じというわけではありませんので、

 

 

どちらかの審査結果というものは参照されないまま手続きを進めることが可能です。


その結果融資を受けることができれば、複数の業者に申し込んだ価値もあったと考えることができます。

審査に通過する保証がない複数申し込み

但し、いずれの業者からも審査に通らなかったという結果に終わってしまう可能性も十分考えられます。審査に通らなかった場合は、その結果が信用情報機関に登録されますので、この状態のまま他の業者に申し込んでも審査に通ることはまずありません。

 

 

審査落ちする可能性があるなら複数申し込みは避けたほうが賢明かもなぁ・・・


そのため、もしも審査に通らなかった場合に再度申込む場合は少なくとも半年以上は時間を空けてから別の業者に申し込むようにしましょう。審査に通る可能性を高めるためにも、申し込む方法についても工夫することが大切です。

 

低金利フリーローン・カードローンの絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関