個人信用情報機関から情報を調べて審査に備える

キャッシングに申し込みをするにあたり、誰しも不安に感じるのが審査に通るかどうかという点です。審査では返済能力を確認することになりますので、申し込んだ人全員がカードローンの利用ができるかといえばそうとは限りません。審査に通らなかった場合に、

 

 

その情報については個人信用情報機関に登録され次にキャッシングの申し込みをした際の判断材料として確認されることになります。


個人情報の開示について

その為、審査に落ちたといった情報はできるだけ残さないようにしたいものですが、実はこの個人信用情報機関というのは本人であれば情報を提示してもらうことが可能です。

 

つまり、事前に自身の情報を確認しておいて審査に通るかどうかを確認することができるというわけです。現在、日本国内でキャッシングに申し込んだ場合に登録される個人信用情報機関は、

 

 

  • JICC
  • CIC
  • 全銀協

の3つあり、それぞれ登録される情報が異なっています。これらの情報機関には、

  • 過去に申し込んだカードローンやクレジットカードの情報
  • 返済状況や支払状況

などが登録されています。カードローンの審査では、この個人信用情報機関に問い合わせが行われますので、事実と異なる情報で申し込んだ場合であってもそのばれてしまう仕組みとなっています。

個人情報の開示のメリット

こうした個人信用情報機関に登録されている情報は、本人であれば開示請求をすることができますので、それによって情報を確認することで審査に備えることができます。ここで確認できる情報には、

既にどこかの業者から融資を受けている場合であれば

  • 返済状況
  • 借入残高

なども調べることができます

ので、事前に自身がどういった状況にあるかがわかります。開示請求には手数料が発生しますが、自身の現状を知らないまま申し込んだ挙句に審査に通らないという実績が登録されることを考えると、事前に現状を知っておくメリットは大きいといえるでしょう。

 

審査では様々な情報の確認が行われますので、事前に調べられることがあれば調べておくと安心です。

 

低金利フリーローン・カードローンの絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関