在籍確認はなぜ行われるのか

カードローンの審査で必ず行われるのが勤務先への在籍確認です。これは、申し込んできた人の勤務先にカードローンの融資担当者が直接電話連絡をして、その人の勤務実態を確認するというものです。カードローンを申し込んだ人にとっては、

 

 

業者が直接電話をかけてくるのかぁ・・・


審査における最も不安に感じる部分といえるかもしれません。

 

 

  • 電話連絡そのものは数秒で終わること
  • 融資を行うカードローン業者の名前をダイレクトに名乗ることはないこと

を考えると勤務先にカードローンの利用がすぐにばれる可能性はほとんどありません。それでも、業者が直接電話をかけてくることに変わりはないので、融資を申し込んできた人にとってはやはり不安に感じる部分といえます。

在籍確認の目的

そもそもなぜこの在籍確認は必要なのでしょうか。個人信用情報機関に問い合わせて確認できるものではないのか、あるいは社名の入った収入証明などを確認すれば済むのではないでしょうか。まず、在籍確認の目的というのは、

 

 

融資を申し込んできた人が安定した収入を得ているかどうかということを確認する


目的があります。勤務実績がない人は毎月の収入を得る手段もない、ということなので、この点についての確認と判断をする為です。もうひとつの理由は詐欺行為を防ぐことにあります。勤務実態がないのに勤務先を記入することで

 

 

融資を受けようとする詐欺目的で申し込む人もいますので、こうした人を未然に防ぐ


ことが在籍確認の目的です。電話連絡をする理由については、カードローン業者の社内規定もあるかもしれませんが、この方法が最も手間がかからない方法だから、と考えられます。社名の入った書類を提出してもらった場合は、

 

 

収入証明書などで判断できないのかなぁ・・・


当然ながらその書類についての真偽を確認しなければなりません。その結果融資が実行される迄に更に時間がかかってしまう事になります。その点、電話であればその場ですぐに判断ができますので業者にとっても手軽に確認ができる方法として採用されているのです。

 

低金利フリーローン・カードローンの絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関