カードローンの審査はなぜ行われるのか?

カードローンを利用するためには必ず審査を受けなければなりませんが、この審査はなぜ必要なのでしょうか。まず、前提条件としてカードローン業者というものは営利目的で融資を行っているのです。

 

企業というものは、営業活動を行うことで利益をあげ事業を拡大していくことがひとつの目的となっていますが、カードローン業者や銀行などの金融機関もその目的については同じです。つまり、利益を得ることを目的としてカードローンの融資を行っています。

カードローンの利息が融資する企業の利益

例えば、カードローンを利用してお金を借りた場合、その後の返済時には業者の定める金利を計算した利息を含めて支払う必要があります。この利息がカードローン業者の受け取る利益であり、

 

 

より多くの人から利息を受け取る事ができれば更に利益を拡大する事ができます。


但し、その為には融資を行った相手から利息を含めて確実に返済してもらわなければなりません。返済が行われないことを一般的に貸し倒れといいますが、この貸し倒れはカードローン業者にとってできるだけ避けたい事態といえます。

返済されない元本と利息は企業の損益

融資を行ったものの返済されないという状態は、利息も入ってこないということであり、つまりは利益を得ることができないということでもあるからです。つまり、損をしてしまっている状態というわけですね。

 

そこで、カードローンの利用に際しては申し込んできた人の審査を行って、

 

 

その人が確実に返済する能力があるかどうかを確認する必要があるのです。


カードローンを利用しようと思って申し込んだものの、審査に通らなかったという結果になる人がいるのも、この審査における目的によるところが大きいといえます。融資を行うかどうかはカードローンの審査によって決定されることですが、

 

 

その結果返済する能力がないと判断されると審査を通過することはできません。


カードローン業者が審査を行う理由は返済能力が高い人に融資を行う目的で、より多くの利益を確実に得る為です。

 

低金利フリーローン・カードローンの絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関