カードローンの審査の流れ

カードローンの審査は、主に以下の流れで進められます。どんなカードローンの審査であってもまずは申込から始まりますが、申込方法は銀行や消費者金融など業者によって異なります。最近ではインターネットを利用した申込方法が主流となっていますが、

  • 支店窓口などで直接申し込む方法
  • 電話連絡や郵送で申し込むといった方法

もあります。この時には住所や氏名、電話番号などの個人情報に加えて

  • 勤務先や年収
  • 既存の借入の有無

などといった項目も登録しますが、ここで登録された情報をもとに審査では整合性をあわせていくことになります。申込が可能な時間はインターネットで申し込む場合には24時間いつでも受け付けていますが、

 

 

審査が可能な時間はその業者の営業時間である必要があります。


業者側にカードローンの申込が受け付けられれば、その内容に沿って審査が行われます。

カードローンの審査の内容

まずは申し込んできた人の職業や年齢、勤務先などをもとに属性を割り振り、おおまかなカテゴリーに分類していきますが、この段階で例えば未成年者や無職など審査基準に適合しない人も省いていきます。

 

次に融資可能な金額の判断ですが、希望する金額が高すぎる場合などもここで審査に通らない可能性があります。

 

 

審査で行われる内容として欠かせないのが勤務先への在籍確認です。


カードローンの審査基準では、ほとんどの場合において毎月安定した収入を得ていることが条件となっていますので、収入を得るための方法として勤務先に対する勤務実態があるかどうかを確認します。

本人確認書類を提出するタイミングについて

ここまでで問題がなければ身分証明書をもとに本人確認を行います。本人確認書類を提出するタイミングは、最初の申込段階で行われる場合と審査が最終段階になって初めて求められる場合など申込方法や業者などによって異なります。

 

 

審査の結果融資可能と判断された場合はその旨が申し込んできた人に伝えられる


ことになり、そこで最終的な意思確認を行ったうえで融資が実行されます。

 

低金利フリーローン・カードローンの絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関