銀行カードローンはなぜ手続きに時間がかかるのか?

銀行でカードローンを申し込む際に、デメリットのひとつとしていわれるのが時間がかかるというものです。今やカードローンといえば、消費者金融に代表されるように即日融資が当然のサービスとなりつつありますが、

 

 

何故、銀行カードローンは手続きに時間がかかるのでしょうか・・・


ところが実は、銀行カードローンであっても即日融資が可能なところはたくさんあります。つまり、銀行カードローンだから手続きに時間がかかるということはこの点だけでみると考えにくいということになります。

 

 

消費者金融のほうが早いような気がするなぁ・・・


但し、即日融資が可能な銀行カードローンであっても注意したいのが「最短」という言葉が使われているケースが多いという点です。

銀行カードローンの手続きに時間を要するケースとは?

例えば銀行カードローンの中にはその銀行で預金口座をもっていなければ融資を受けることができないタイプのものもありますので、現在口座をもっていない人の場合は利用することができません。その為、まずは口座開設をしなければならないのですが

 

 

利用するのに口座開設が必要だなんて・・・


そのための手続きとなればさすがに即日というわけにはいかず、当然ながら即日融資を受けることもできない、ということになります。また、銀行の営業時間や休業日についても手続きに必要な時間に関係してきます。

 

 

営業時間内という制約された手続きでは急いでいる人にとっては苛立つかも・・・


銀行カードローンを利用するためには銀行が営業している時間内にすべての手続を完了させなければなりませんが、ほとんどの銀行は土日や祝日は休業日となっているうえ、平日でも15時で窓口業務が終了します。

銀行カードローンの手続きを短縮するには事前準備が必要

こうした理由もあり、即日融資が可能な日時は限られているということになります。即日融資を受けるためには、こうした時間的な制約も含めて考える必要がありますので、急いでお金を用意したい人にとっては時間がかかると思われがちです。

 

 

申込みの事前準備と手順を理解していれば時間はかからないのかも・・・


土日や祝日でも自動契約機が利用でき、平日でも夕方遅くまで営業している消費者金融などと比べると、どうしても手続きについての制約が多いイメージがあり、それが手続きに時間がかかる、というデメリットにつながっているといえるでしょう。