銀行カードローンの審査は本当に厳しいのか?

銀行カードローンの審査は消費者金融に比べるとハードルが高いといわれています。その理由としては、

  • 銀行が消費者金融よりも低金利で利用できるという点
  • 総量規制の対象外であるという点

などが挙げられます。金利が低いということは、それだけ得られる利息も少なくなるということなので、確実に返済できる人を融資対象として選別したいと考えることもできます。また、銀行カードローンは消費者金融に比べて限度額も高めに設定されています。

銀行カードローンによる貸付側のリスク

返済されない人が増えてくれば、その分未収金も多くなるということであり、銀行にとっては大きなリスクとなります。そのため、審査基準を厳格なものとして設定し、少しでもそのリスクを軽減したいと考えられるわけです。

 

 

返済能力の高い人に融資したいのはどの金融機関も同じではないかなぁ・・・


とはいえ、どんな業者であっても融資を行うということはその相手が果たして無事に返済してもらえるかどうかということを判別します。消費者金融で融資を受ける際に適用される金利は銀行カードローンに比べると高い利率設定ではありますが、

 

 

貸付範囲を規制されていない貸付に関してはリスクが高いともいえるのでは・・・


だからといって返済されない可能性がある人にも融資を行うほどではありません。従って、銀行カードローンであっても消費者金融であっても審査に対する考え方は同じであり、

 

 

返済されない可能性のある人には融資は実行されないということです。


また、銀行カードローンで設定される限度額は消費者金融よりも高い金額を借りることができますが、初回の申し込みでいきなり限度額いっぱいまでの融資を受けることはできません。

総量規制の対象外でも初めての利用では高額融資も望めない?

初めての利用であれば銀行カードローンといえどもそれほど高額の融資を受けることはできないでしょう。そう考えると、銀行カードローンだからといって高額の融資が受けられるというわけではないということになります。

 

 

利用実績がない場合は判断材料が乏しい為信用度も高くありません。


審査基準については確かに消費者金融と異なる部分もありますが、融資を行うということについて共通する部分もあることを考えると、根本の部分ではそれほど大きな違いはないといえるでしょう。

 

低金利フリーローン・カードローンの絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関