カードローンの申し込みをキャンセルしたい場合

カードローンの利用をする為にはまずそのための申し込みをする必要があります。最近ではインターネットを利用した申し込み方法が主流となりつつありますが、申し込みを受けた業者側はその内容をもとに融資可能かどうかの審査を行います。

 

 

審査には通ったけれど借りなくても済みそうなんだが・・・


審査に通って初めてカードローンの利用が可能となるのですが、

 

 

その後申し込みをキャンセルするといったケースも考えられます。


例えば、

 

 

  • もっと条件の良いところから借りることができた場合
  • そもそもお金を借りる必要そのものがなくなった場合

など、キャンセルしたい理由としては様々なものがあります。

 

 

キャンセルできるだろうか・・・


このような場合、キャンセルしたい意思をカードローン業者に連絡することで融資の申し込みを取り消すことができます。

カードローンの申し込みをキャンセルする方法は?

キャンセルしたい意思表示を伝える方法についてはカードローン業者によっては詳細な既定がある場合もありますが、基本的には電話連絡やメールなどで送信するといった方法で対応可能です。因にカードローンの審査では申込書類の他にも例えば、

 

 

  • 本人確認書類
  • 収入証明

など必要な書類を用意しなければならない場合があります。これらの書類が必要になるタイミングとしてはそれぞれのカードローン業者によって異なるのですが、必要書類を提出しないことによって自動キャンセルにするといったことも可能です。

キャンセルの連絡は申込者のマナー

もっとも自分の意思でキャンセルをするのですから申し込んだ側のマナーとして何も連絡をせずにキャンセルするというのは避けた方が良いです。勿論、申し込みをキャンセルしたからといってその業者から二度とカードローンの借入ができないというわけではないので、

 

 

個人情報は信用情報機関に登録されるのかなぁ・・・


取り消したい場合には連絡を入れることが大切です。なお、申し込みをキャンセルした場合でもカードローンの審査を受けたという履歴は業者に残ります。ただし、実際に契約をしたというわけではありませんので、

 

 

個人信用情報機関に信用情報が登録されるということはありません。


 

低金利フリーローン・カードローンの絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関