銀行カードローンで適用される法律

銀行で融資を受ける場合、いくらまで借りることができるのかという点はとても気になるところです。また、

 

 

  • 適用される金利はいくらか?
  • 利息はいくら支払う必要があるのか?

こうした点についても融資を受ける人であれば注意したいところですね。これらの融資を行うための条件については銀行法という法律できめられています。日本という国は法治国家なので、様々な決まりはすべて法律に則って決められています。

 

 

銀行法と貸金業法ってどう違うのかなぁ・・・


もちろん銀行が融資を行ううえでも根拠となる法律として銀行法が制定されています。これに似た法律として、貸金業法というものがあります。この貸金業法は消費者金融業者やクレジットカード会社が融資を行ううえで根拠としている法律です。

銀行カードローンで適用される銀行法には総量規制が導入されていない

たとえば消費者金融などを利用して融資を受ける場合というのは、総量規制といって年収の3分の1が借入できる上限金額として設定されています。これは貸金業法できめられた規定であり、この金額を超えて融資を行った場合というのは当然ながら法律違反となります。

 

 

大きな融資可能限度額も総量規制が対象の消費者金融では何の意味も成しません。


銀行が融資を行ううえでの根拠法となっている銀行法についてですが、この法律では年収についての明言はありません。そのため、銀行のカードローンなどを利用して融資を受ける場合というのは基本的に年収の3分の1までという上限は設けられていないので、

 

 

高額の融資を受けたい場合は銀行のカードローンへの申込者が多いのでは・・・


こうした総量規制の影響を受けることなく融資を受けることができるためです。また、銀行法は日本に銀行というものが成立した時代より制定されている為、貸金業法に比べて長い歴史があります。その為、現代の世相では少しそぐわない部分も少なからずありますが、

 

 

長期的に返済能力があるのであれば銀行カードローンを利用する価値は高いです!


それだけに低金利で高額の融資が受けられるという銀行系カードローンが成り立つ土壌ともなった背景があります。もちろん銀行のカードローンであっても審査は行われますので必ずしも年収の3分の1を超えて融資が受けられるかどうかは別問題です。

 

低金利フリーローン・カードローンの絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関