銀行でお金借りるための方法

銀行でお金を借りるためには、自身の状況とどのような用途によるかで変わります。自身の状況に合わせた融資をお願いすることによって、スムーズに銀行でお金を借りることが出来るようになります。

住宅ローン

まずは住宅ローンです。住宅ローンは、一戸建てやマンションを購入するときには必須とも言えるローンで、利用する人が多いのも特徴です。住宅ローンでお金を借りるためには、当然ですが安定的な収入が必要となります。また、実際に住宅を購入することも必要になりますのでその事実も必要になります。

 

実際は家の購入金額に見合った収入が必要になりますが、これはある程度作ることが出来ます。どうするかというと市役所に収入の修正申告をして追加の税金を払い所得証明を出してもらうのです。こうすることである程度の年収は作れますが、少しでも頭金があったほうが銀行の心象が良くなりますので出来るだけ出してください。

 

ちなみに編集部では現在最強の住宅ローンは住信SBIネット銀行の住宅ローンだと考えています。

カードローン

住宅ローン以外にはカードローンがあります。カードローンと言うと消費者金融のイメージがあるかもしれませんが、銀行でもカードローンを利用することが出来ます。銀行は個人へのカードローンの発行の歴史が浅いので審査は老舗の大手消費者金融が担っている状況なので審査は厳しくなっています。

 

カードローンの特徴は比較的収入が低い方でもお金を借りることが出来るということですが、収入の低い方はもちろん与信が少ないので借りられる額も少なく金利が高くなってしまいます。

申込はインターネットでも出来る所が大半

カードローンでお金を借りる方法はまずは申し込みを行う必要がありますが、現在ではインターネットでも出来る所が大半ですので手間は掛かりません。

 

申し込みの際には貸すことが出来るかどうかの審査がありますので、この審査に通らないとカードローンを利用することが出来ません。

収入が現在も継続してある事を証明しなければならない

保証人は不要なことが多いですが、自身の収入を証明する書類や公共料金の支払いの事実を証明する書類が必要な場合があります。無担保で貸す訳ですから頼りになるのは返済できると確証できる与信のみですのでここはキッチリ確認される事になります。

当日に利用することが出来る

カードローンの大きな特徴は、申し込みをした当日に利用することが出来るということです。ですので緊急にお金が必要なときに活用することが出来ますが、銀行の場合は自動契約機がないものが多いので消費者金融の方がスピーディーになります。

 

振込しか融資方法がない(当日の)銀行では審査の時間と振込可能な金融機関の営業時間に追われて不可能な場合が多い。

 

なので小額の借り入れであれば利息はそれ程変わりませんので消費者金融を選ぶ方が可能性は高くなります。

目的別に低金利で銀行から借りる場合は?

その他には通常の融資をお願いする方法があります。この時は一番銀行からお金を借りるハードルが高くなります。通常の融資をお願いするときは、

  • まずは何に使うか

といったようなことを聞かれます。その際に返す見込みがないと判断されると、銀行からお金を借りることが出来ません。しっかりとプランを立ててから銀行に申し込みをする必要があります。

 

また、カードローンとは違って保証人や担保が必要になることがあります。必要なら保証人や土地といった担保を用意しなければなりません。